« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

9/19 例会プレイレポート

今日は、ルアーブル卓、アルデンヌ卓、1844卓の3つです。

アルデンヌは2回プレイされていました。今回、3つのアルデンヌが勢ぞろいしてました!

まだ製品化もされていないというのに、ひとつのゲーム会に3つのアルデンヌが揃うかー。

このあたりが一之江らしいところですね。

●1844
 1844 1844も最近、赤丸急上昇なスイスを舞台とした18xxシリーズ。

先日、高円寺でプレイしたばかりですが、今回も同じメンツでプレイとなりました。

前回、大敗北を喫したため、今回は別の作戦に。

FNM社設立して、いきなり山岳設立作戦です。

しかし、この作戦は、山が活性化するのは良いものの、路線的に発展性を欠き、一長一短ですね。盤外がH列車は使用できないというのも響きました。

あと、後先考えずに国鉄の前身を60sfrで設立したのも疑問。国鉄は資金が少ないので、序盤2列車一本の展開はかなり苦しい。

今回は、Gさんが国鉄前身を設立しましたが、Rさんがこれに追随して国鉄のシェアを奪う作戦をとりました。社長を取られるならと会社をショボくしたため、前回のような爆配は無く、完全にショぼい会社になってしまいました。

最後はE列車を購入して末脚に掛けたGさんでしたが、5列車を効率よくさらっていったhatsuさんが快勝しました。

このゲームは配当もショボいし、爽快感は全然無いんですけど、山ほど会社があるのでいろんな作戦が採れます。会社が多い割に時間もそれほどかかりません。5時間程でしょうか。

当分は飽きることなくプレイできそうです。

●18アルデンヌ
Ard こちらはアルデンヌ。最近は1844にうつつを抜かしていて、最新定跡がわからないのですが、ポートの価値がだんだん下がってきている模様です。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

(9/6)高円寺盤遊会に参加

先日、高円寺で1844を初プレイしたので、そのレポートです。

●1844
1844はスイスが舞台の18xxシリーズです。

このサイトからは、いくつかの18xxシリーズが発売されていますが、一之江ではまだ未プレイだったため、持ち込みました。

Image041 この1844は、株価にPARがあり、BANK POOL株分が会社に配当が入り、半配当が無く、プライベート会社は定価の倍で吸わせられるため、1830の流れを汲むゲームかなと思ったのですが、盤外運行は1846、トンネルは1854、BANK POOL株は制限なく買えるのは、アルデンヌとさまざまな18xxシリーズに影響を与えている作品といえるでしょう。

あと、このゲームのルールで面白いのが、外人による列車購入です。
通常次の時代の列車が見えているときの最後の列車は買いたくないものですが、OPの最後に外国人が列車を購入していきます。これにより、時代のスピートが加速されます。

このゲームでは大量の会社が存在するため、かなりの長時間を覚悟していたのですが、このルールのため、EUと同じ位の時間で終わりました。慣れてきたらもっと速くなるでしょう。

今回私は完全に脱落してしまいました。国鉄に走った後藤さんの圧勝。大局観の優劣が明暗を分けました。

これはぜひとも再戦をしないといけないようです。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »